株価指数と政治経済の関連性について。

No Comments

みなさんは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった経済指標はどんな影響を受けて動くと思いますか?
大きく分けて2つになります。
詳しくご説明していきましょう。

●戦争・紛争などによる影響

政治や国際情勢が株価に何の関係があるの?と疑問に思う方も多いと思います。
実際、あまり結びつきがないように思いますよね。
ですが、実は非常に大きな影響を受けるんです。
たとえば、2001年に起こったアメリカ同時多発テロ。
この事件が日経平均株価にどのような影響を与えたのかというと、答えは「暴落」です。
事件が起きたのは9月11日ですが、翌日12日の始値は前日より152円安で始まりました。
その後どんどん値を下げていき、最終的には9610円で終値を迎えます。
なんと約5.6%もの下げ値を広げたという結果に。

●経済情勢の変化による影響

経済情勢が株価に影響を与えるということは、なんとなく想像がつくでしょうか。
近年でスト、2011年の東日本大震災。
この影響により、日本の株式市場は大打撃を受けたと言われています。
発生から4日後の3月15日の日経平均株価は、なんと前日比1015円も下落の8605円という安値で取引が終了したとのこと。
決して看過できない影響と言えるでしょう。

日経225先物取引の2つの分析。

No Comments

日経225先物取引への投資の分析手法についてご説明します。
このことを疑問点に感じている方も多いようなので、しっかりと内容を理解してくださいね。

●ファンダメンタルズ分析

政治経済といったもちろんのことながら、投資対象の財務状況、実態価値などを分析することで将来の価格を予想するという分析方法です。
いわゆるミクロ的な分析と言えるでしょう。
具体的なれいをあげますと、
・その会社の業績は良いか?(儲かっているか?)
・お金はたくさん持っているか?(純利益はあるか?)
ということをしっかりと見極めることとなります。
日経225先物取引にかかわらず、投資対象となる業者は業績の良さ、利益の多さということは投資に値するかどうかを見極める非常に重要かつ当たり前の分析です。
もちろん、ここでいうところのお金とは現金のみではなく、不動産などの試算も含まれていますよ。
株価は業績や資産と一致するため、これらのことをすみずみと分析しておくことは投資で利益を得ることにつながると言えるでしょう。

●テクニカル分析

テクニカル分析は、ファンダメンタルズ分析で長期的に保有する銘柄を決定したのち、実際に売買するタイミングを決めるための分析方法です。
いわゆるマクロ的な分析になりますね。

特に重要になるのは、
・今の市場の株価の動向をチェックすること
・今後株価がどう動くかを予想すること
です。
これらは最適な買い時、売り時を見極めるための分析と言えるでしょう。
一番最適の低民具の見つけ方として、
・チャートパターンから分析する
・テクニカル指標から分析する
という2つの手法があります。

株式投資を始めるなら日経新聞を毎日欠かさずチェック

No Comments

資産運用を始める際、大切なお金を使うわけですから、つねに新しい情報をインプットしておきたいですよね。株式投資を始めるなら、日本経済新聞のマーケット情報は欠かせません。日経平均などの情報はもちろんですが、株式、企業、為替・金融、商品、海外、ランキング、コラム、投資・ETF、世界の市場、企業IRなどの項目も見逃せません。

ひとつの銘柄だけをチェックしていればいいというわけにはいかないのが株式投資の大変なところでもあり、面白いところではないでしょうか。日本全体の経済はもちろんのこと、世界市場にも着目することで今後はどんな株が値上がりするのか、逆に値下がりするのかをある程度予想していくことが、株式投資の醍醐味と言われています。

そのためにも、日本経済新聞を細部までしっかり読んでおくことが大事になるでしょう。今は日経電子版と言って、ネットで読むことができる日本経済新聞電子版があります。これならスマホやパソコン、タブレットを使えば、情報を見逃さずにすみますね。リアルタイムで常に新しい情報を更新しているので、株式投資を始めるならぜひ、日本経済新聞に毎日欠かさず目を通してくださいね。大事な資産を運用するわけですから、常にアンテナを張っておくことが大切です。

これから株を始める方へ。

No Comments

株式投資の初心者は絶対に取引前に一定量の株に関する知識を持っていなければ、きっと損失ばかりを増やしてしまいます。
なぜなら、付け焼刃の知識や情報だけで運用ができるほど、株式投資は簡単ではないからです。
脅しているわけではないのですが、大事な資産であるお金を大事に投資するためにも、ちゃんと株式に関して学ぶ時間を持つことが大事ではないでしょうか。

株について詳しくわかるサイトとして、『株初心者.net』をおすすめします。
こちらのサイトの作成者は28歳の独身女性、株式投資歴は5年だそう。
若葉マークが取れて運転(運用)が楽しくなりだしている頃ですね。

完全なる上級者の目線で書かれているサイトは専門用語が多く、読んでもさっぱり理解できないという方も多いことと思います。
かくいう私もそのようなサイトを何度も目にし、挫折を味わってきました。
ですが、こちらのサイトは初心者には理解できない専門用語はほとんど使われておらず、まさに「無知の自分でも株式投資を始めてみたい!」という方にピッタリ。
基本のきを知ることができる非常に貴重なサイトなのです。

詳細はぜひ、サイトをアクセスしてご確認ください。
きっと新しい株の見聞が広がることでしょう。

キャピタルゲインで利益を得るときの注意点

No Comments

投資にご興味のある方なら、キャピタルゲインの何たるかをだいたいはご存知かもしれません。キャピタルとは直訳すれば資本のことで、株式や債券などの資産を指します。これらの資産を、安く買って高く売ることができれば、利益を得ることができますね。ゲインとはすなわち得るという言葉ですから、ここで得られる利益のことをキャピタルゲインといいます。

キャピタルゲインで利益を得るときの注意点をいくつかご紹介しておきましょう。まず、税金の問題です。キャピタルゲインで得た利益には税金が発生します。キャピタルゲインにかかる税金は譲渡益税という種類ですが、「申告分離課税」として扱われ、給与所得などの他の所得とは別に、納税額を算出して納めなくてはなりません。世界的にみると、シンガポールなどの「タックスヘイブン」と呼ばれる地域では、キャピタルゲインが非課税のところもあるようですが、日本の税務署は優秀ですので、きっちり確定申告してくださいね。

それから、株式投資はハイリスク・ハイリターンであることに注意しておかなくてはなりません。売るべきときに売りそびれると、極端な話をすれば、その会社がつぶれてしまったりしたら、その株式はただの紙切れになってしまいます。リスク回避のためには、日経平均を中心とした市場の動向や保有している銘柄の情報をしっかり追いかけてくださいね。